コスパ最高!神戸ポートピアホテルのクラブフロア「オーバルクラブ」

国内ホテル

「ホテルの中のホテル」と言われるクラブフロアはホテルを楽しむための魅力的なサービスが満載。その中でも次の3つが代表的なサービスになると思います。

  1. 限られた宿泊者だけが利用できるクラブラウンジで、お酒や紅茶などのドリンクを一日数回のフードプレゼンテーションとともに好きなだけ楽しめる。
  2. 専用の受付で並ばずチェックインとチェックアウトができる。
  3. フィットネスジムやプールなどのホテル施設が無料で利用できる。

神戸ポートピアホテルのクラブフロア「オーバルクラブ」の宿泊料金は比較的安く、お手軽にクラブフロアを体験できます。クラブフロアってちょっと敷居が高くて泊まるのはどうかな、と迷っている方には丁度良いホテルだと思います。もちろん安いだけではなくサービス内容もしっかりしていますよ。

これだけお得!ポートピアホテルのクラブフロア「オーバルクラブ」の宿泊料金

それでは具体的にどれだけお得か見ていきましょう。実際に2019年2月の3連休の初日を一休.comで予約しました。宿泊プランは「エグゼクティブフロア30日前締切」、部屋は「本館オーバルクラブツイン」で1室38,500円(税込)です。5歳の娘は添い寝で登録して宿泊費0円です。

この値段でもクラブフロアの休日料金としては安いですが、更に一休.comのポイント還元が1,540円あり最終的に36,960円で宿泊できました!ただしこれはポートピアホテルのクラブフロアにしては高い方なんです。

※一休.comプラチナ会員のカード決済のポイント還元率4%=1,540円
※ちなみに一番上のステージがダイヤモンド会員で還元率5%です

割安となる日曜日から木曜日も含めてお値段を確認してみましょう。
下の料金表は一休.comのサイトでみる2019年5月・6月の「オーバルクラブダブル」のお部屋です。

税別の料金表示になっていますが、なんと19,962円といった1万円台で宿泊できる日もあります!一人ではなく1室でこの値段はお得です!土日で2万円から3万円前後のプランが多いのもすごいですね。

また一休.comはポイント最大20倍というかなりインパクトのあるプライベートセールを定期的に開催します。
僕もプライベートセールの5000円分のポイントを利用して19,398円(税込)で「オーバルクラブツイン」に泊まれたこともありました。その時の予約履歴がこちらです。

これだけお得!ポートピアホテルのクラブフロア「オーバルクラブ」のサービス内容

料金が安いだけではありません。宿泊料金の中には最初にご紹介したクラブフロアの代表的なサービス3つが詰まっています。
3時のチェックインまで観光など休日ライフを楽しんで、チェックインしたあとはクラブラウンジでどれだけ飲み食いしようがフィットネスジムやプールを利用しようが新たな費用は発生しません。 ホテルステイを楽しむほどお得になるわけです。

サービス内容ごとにみていきましょう。

1. 限られた宿泊者だけが利用できるクラブラウンジで、お酒や紅茶などのドリンクを一日数回のフードプレゼンテーションとともに好きなだけ楽しめる

チェックイン後のティータイムから軽い夕食とお酒、夜のカクテルタイムと続き、翌日の朝食とお昼のティータイムに至りますから2日間の外食費が浮きます。
これだけでもざっと計算して大人2人で2万円の価値はあると思います。

クラブラウンジは朝7時から夜9時まで利用でき、4度のフードプレゼンテーションがあります。

・朝食(ブッフェ):7:00~10:30
・ティータイム:10:30~17:00
・カクテルアワー:17:00~19:00
・ナイトキャップ(ドリンクサービス):19:00~21:00
※ナイトキャップは18歳未満利用できません

ティータイム(10:30~17:00)

チェックインの後にさっそく利用するのがティータイム。
同ホテルのティーラウンジ「ベルクール」のお値段を参考にしてみます。
・ケーキセット 1,350円
・コーヒーや紅茶 886円

もちろんクラブラウンジと提供されるものは同じではありませんが外食するとこれくらはしますよね。
クラブラウンジの場合はお替り自由なのでついつい食べ過ぎてしまう、、、というのもあって大人2人と子供1人で4,000円分くらいはいくかと思います。

カクテルアワー(17:00~19:00)

カクテルアワーではキッシュやパテ(細かく刻んだ肉類をテリーヌ型で焼いたもの)、サラダ、チーズなどの軽食も提供されます。夕食をしっかりとりたい方は少し物足りないでしょうからお部屋で食べる用に買い込まれたほうがいいと思います。

お酒などのドリンク類は確認できただけでも次の種類がありました。

スパークリングワイン:甘口(ロゼ)、辛口
赤ワイン:甘口、辛口
白ワイン:甘口、辛口
ウィスキー:シーバスリーガル、ワイルドターキー、竹鶴
コニャック:レミーマルタン
ビール:キリン、プレミアムモルツ、エビス、アサヒスーパードライの4種類
各種カクテル
ソフトドリンクなど:六甲山の名水、ペリエ、ジンジャエール、コカ・コーラ、ジュース(オレンジ、グレープフルーツ、アップル)、コーヒー、紅茶

宿泊したときはウィスキーの竹鶴やカンパリをお勧めしていました。11月にはボジョレーヌーボーといったように時期によって種類やお勧めは変わるそうです。

ナイトキャップ(ドリンクサービス)19:00~21:00

ナイトキャップの時間帯は夜景が綺麗で落ち着いたクラブラウンジの雰囲気は一層深まっていきます。

ウィスキーとコニャックの飲み比べ。

おつまみは豊富でお酒がすすみます。

ポートピアホテルのクラブラウンジのお酒のクオリティは高く、特にワインはいつ来ても美味しいです。

今度は同ホテルのバー「レスタカード」のお値段をみてみましょう。

・シーバスリーガル12年 1,296円
・グラスワイン 1,296円
・生ビール 972円
・ジントニック 1,188円

カクテルアワーとナイトキャップ合わせて夫婦でお酒を8杯頂きました。その他ソフトドリンクや軽食、おつまみも結構頂きましたので1万円の価値はありそうです。

朝食(ブッフェ)7:00~10:30

朝食は洋食と和食のブッフェ。パンの種類が豊富でバターやチーズ、ジャムなどお好みの組み合わせを楽しめます。

和食はお粥にダシのきいた鰹餡やネギ、ワサビ、ごま油などをかけて食べるスタイル。お漬物や小鉢もあります。

クラブフロアの宿泊者はクラブラウンジ、ルームサービス、レストランから朝食を選ぶことができます。レストランは次の4つから選べます。価格(税抜)は一般利用のときのものでクラブフロア宿泊者はもちろん無料。

[朝食]
■スカイグリルブッフェ「ゴコク」(本館30F)
・和・洋朝食ブッフェ 2,600円
■ダイニングカフェ「ソーコー」(本館2F) 
・和・洋・イタリアン朝食ブッフェ 2,400円
・アメリカンブレックファースト 2,400円
・和定食 ※平日のみ利用可 2,400円
■ティーラウンジ「ベルクール」(本館1F) ※土・日・祝日のみ利用可
・サンドイッチまたはトーストセット 1,100円
■日本料理「神戸 たむら」(南館4F) ※土・日・祝日のみ利用可
・和定食・朝粥定食 2,400円
■ルームサービス
・アメリカンブレックファースト  2,700円

選択肢が多いのも楽しいですね。その日食べたいところを選べます。
クラブラウンジの朝食は「ゴコク」や「ソーコー」のブッフェに比べ種類は少ないですが一品一品美味しいです。また、今回利用したのは日曜日の朝ですが利用する方は少なくゆったり落ち着いて食べたい方にお勧めです。

家族3人で5,000円分といったところですね。

再びティータイム(10:30~17:00)

クラブラウンジで12時のチェックアウトを済ましてそのままティータイムを利用することができます。十分お昼ごはんになりますね。4,000円分としましょう。

ということで、2日間の食事やドリンクの推定価格を合わせると大人2人で23,000円になりました。宿泊費の36,960円から引き算すると残りは13,960円(一人約7,000円)。外食をホテルのクラブラウンジにすることで本当にお安く宿泊することができるんです。

2. 専用の受付で並ばずチェックインとチェックアウトができる。

クラブフロアの宿泊者は26階のクラブラウンジでチェックインとチェックアウトができます。1階のレセプションで名前を告げて26階のクラブラウンジまで案内してもらいます。

クラブフロアへはセキュリティ付きのルームキー(カード)を下方にある差込口に入れてから階番号を押します。

チェックインの手続きはウェルカムドリンクを頂きながら。スタッフの対応は丁寧で落ち着いています。それでいてフレンドリー。ラウンジの雰囲気とあいまって非常にリラックスできます。

3. フィットネスジムやプールなどのホテル施設が無料で利用できる。

本館4階のフィットネス&スパ「ルアナ」には屋内プールの他、フィットネスジム、サウナ、テニスコート、スパがあり、南館4階にはルーフガーデンプール(屋外 夏季営業)があります。

その中でクラブフロアの宿泊特典として屋内プールとフィットネスジムが無料で利用できます。通常は以下の料金がかかります。

[屋内プール]
7:00~12:00 1,200円
12:00~21:00 2,300円
※水着とスイムキャップ、バスタオルのレンタルは無料

[フィットネスジム]
7:00~12:00 1,200円
12:00~20:00(日・祝は19:00) 3,400円
※ウエアのレンタルは無料

クラブフロアの宿泊特典として1泊800円の駐車場料金も無料になります。

まとめ

「ホテルの中のホテル」と言われるクラブフロアにはホテルを楽しむサービスがいっぱい詰まっています。その分宿泊料金は割増しになりますが、食費のことなどを考えるとむしろ安く感じることの方が多いです。

そして宿泊料金自体が他のホテルより安い神戸ポートピアホテルのコスパは最高です!建物や設備は決してゴージャスではありませんが、提供されるサービスは申し分なく、特にスタッフの接客能力は高いので心地よく滞在することができると思います。

また、チェックイン前やチェックイン後はポートアイランドや神戸三宮周辺の観光を楽しむのもいいですよ。

コメント

  1. あつまりじ より:

    とても参考になったのですが、バーなども、全て無料なのですか?
    宿泊料金だけて、飲食込みなのですか?

    • choyoko より:

      ご覧いただきありがとうございます。

      オーバルクラブ(クラブフロア)の宿泊者はクラブラウンジの飲み物や食べ物は無料です(宿泊料金に含まれます)。
      今回料金比較としてご紹介しているバー「レスタカード」やティーラウンジ「ベルクール」は別途料金がかかります(宿泊料金には含まれません)。

      ご参考になれば幸いです。

  2. びび より:

    記事拝見させていただきました。宿泊を検討しておりましたので
    大変参考になりました!ありがとうございました。

    一つ質問させて頂きたいのですが、
    記事ありましたようにチェックアウト後もティータイムを
    利用可能なのですか?

    • choyoko より:

      ご覧いただきありがとうございます。

      私が宿泊したときはチェックアウトの後ものんびりとラウンジでお茶することができました。
      公式のルールかどうかは確かめていないですが、、、常識の範囲内の時間であれば大丈夫だと思います。
      もしダメと言われたらすみません。

  3. びび より:

    choyokoさま

    お忙しい中、ご回答いただきまして、ありがとうございました。
    来月、ポートピアホテルに宿泊する予約申し込みをいたしました。
    ずっとどうするか迷っていましたので、
    choyoko様の記事がめちゃくちゃに参考になりました。
    本当にありがとうございました。
    ホテルでの時間を楽しんできますね(#^^#)

    • choyoko より:

      こちらこそメッセージを頂き本当にありがとうございます。
      少しでも参考にして頂けたならブログを書いたかいがあったなと嬉しく思います。

      ポートピアホテルでのホテルステイを楽しんできてください!